《美の食材 アーモンド》の栄養価!

「アーモンド効果」を最大限に高めるポイント

2016年12月01日 13時21分

《摂り過ぎ注意!アーモンドの一日の摂取量》
アーモンドをはじめ、種類が豊富なナッツは、高い栄養価を含むスーパーフードとして注目されていますが、
過剰摂取してしまうと体調不良を引き起こす場合があるので注意しましょう。
一日の摂取するアーモンドの量は「25g」で、21粒~23粒を目安に摂るとベストです。
一度に全部を食べる必要はなく、数回に分けて食べたり、
小腹が空いたときに食べたりと工夫して食べるようにしましょう。
 
《よく噛んで食べることで満腹中枢UP!》
アーモンドがダイエットに向いていると言われるのは、ただ単に栄養価が高いことだけではありません。
細かく刻んだ状態でないと消化に負担が掛かることから、アーモンドはよく噛んで食べることが基本です。
よく噛んで食べることは消化を助けるだけでなく、「満腹中枢UP」という効果があります。
食事をする30分以上前までにアーモンドをゆっくり噛んで食べると、
満腹中枢が高まり食事の量を無理なく減らすことができるのです。
 
《アーモンドの薄皮には栄養素がたっぷり》
アーモンドの「薄皮」を取って食べている方も多いのではないでしょうか。
アーモンドの栄養素をしっかり摂るためには、薄皮は取らずに一緒に食べるようにしましょう。
薄皮にはポリフェノールの一種である「フラボノイド類」が豊富に含まれています。
アーモンドに含まれるビタミンEとフラボノイド類を一緒に食べることにより、
抗酸化作用をさらに高める効果があるとされています。
 
《子どもにも安心のアーモンドを選ぶ》
身体の成長を促す栄養素が豊富に含まれたアーモンドは、
大人だけでなく成長期のお子様にも食べていただきたい食材です。
アーモンドは塩がふり掛けられているものや、チョコレートでコーティングされているお菓子など、
さまざまな商品がでていますが、健康や美容、ダイエットのためにアーモンドを摂るときには
「無塩、無油、無添加」のものを選ぶ
ようにしましょう。
塩分の摂り過ぎは健康を阻害するリスクがあるため、特に注意が必要です。